正統派の本づくり。本と猫とポルシェをこよなく愛して。

作品のご紹介

  • HOME »
  • 作品のご紹介

 

 

作品のご紹介

*販売中の本は表紙(もしくは見開きページ)をクリックすると販売ページが表示されます。

 

十月の悲雨(ひさめ)              椎葉乙虫 著

 十月の悲雨_表紙  十月の悲雨_見開き 

すべての始まりは十月、金木犀が香る夜の出来事だった。主人公・卓也が育ててくれた伯父に呼ばれて訪ねると、伯父の死体に遭遇。第一発見者として殺害容疑がかかるが、アリバイ成立で解放される。しかし、続いて4件の殺人事件が発生。「一寸気になるんですよ」との決めゼリフとともに卓也の推察が光り、事件の謎が徐々に紐解かれてゆく―。ミステリーに卓越した著者の第3弾です。

・著者:椎葉乙虫
・編集:扇田麻里子
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・発行:BookWay(ブックウェイ)
・2016年7月刊  ・定価:1500円(税別)

 

巻子の言霊 ~尊厳ある死を見つめた夫婦の物語   柳原三佳 著

 巻子の言霊_ 表紙    巻子の言霊_見開き 

一瞬の事故によって奪われた穏やかな日々。理不尽な司法制度や医療制度、矛盾に満ちた保険業界の対応に直面しながら、夫婦は生と死の狭間で互いを思いやり、『尊厳ある死とは何か』という問いに向き合い、8年という歳月を生き抜いた……。NHKでドキュメンタリードラマ化された前作『巻子の言霊』(講談社・2010年刊)に、その後の4年間と永遠の別れ、そして加害者との最初で最後の対面までを加筆した完結編。
・著者:柳原三佳
・編集:扇田麻里子
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・発行:デザインエッグ株式会社
・2016年1月刊(POD)  ・定価:1860円(税別)

 

轟く雷 メディスン・マン ローリング・サンダーの気づき   Sunbeam 著

轟く雷__表紙  轟く雷_見開き

インディアンの持つ世界観を描いた物語です。著者は「あとがき」で次のように記しています。「この物語は、私がかれこれ十五年ぐらい前に会った老人が発端の物語である。(中略)最近になって、あれを書け、早く書けと、老人がやってきてせかしているような気がして、残りを一気に書き上げてしまった」。老人とは、アメリカ・インディアンのメディスンマン(呪術医)であるローリング・サンダー。直接、本人と接して生活を共にした著者が、満を持してローリング・サンダーの言葉をつむぎます。著者のSunbeamという名は、ローリング・サンダーから授かったインディアンネーム。現代を生きる私たちに警鐘を鳴らします。
・著者:Sunbeam
・編集:扇田麻里子
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・発行:デザインエッグ株式会社
・2015年11月刊(POD)  ・定価:2,225円(税込) 

お読みいただくきっかけになればと思い、「あとがき」全文をアップしました。
こちらをクリック(メニュー下部にもあります)

全文のPDFはこちら 轟く雷_あとがきPDF

 

デスティネーション              宮本 勉 著   

 デスティネーション_表紙 デスティネーション_見開き 

小説はもとより、短歌、川柳、詩、随筆などを半世紀以上にわたって綴ってきた著者が、文芸誌に発表した10作品を1冊にまとめました。「人それぞれが苦役を負い、また懊悩を秘めながら生きている。その苦しみ悲しみを共有し、かつ互いに分散しながら生を全うできる人間が、結局は畢生の勝者になるのではと思っている」と医師である主人公が語る表題作「デスティネーション」ほか、心に染み入る作品の数々です。

著者:宮本 勉
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2015年10月1日刊  ・四六判/328ページ  ・書店流通なし
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

宇宙・物理・生物の新仮説          菊地真波 著

 宇宙_表紙 宇宙_見開き 

宇宙の仕組みはどうなってるのか? ブラックホールは存在しない? 生物の誕生の真の姿は?
理論の上に理論を重ねることによって進歩してきた物理学を、著者ならではの視点でひもといていきます。 著者とともに宇宙のなぞの真実に迫ってみませんか。
著者:菊地真波
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2015年8月30日刊  ・A5判/176ページ  ・定価:800円(税別)
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

応神天皇の征服              高橋義雄 著   

 応神天皇_表紙 応神天皇_見開き 

「日本の古代史には、多くの謎があることが知られている。(中略)仮説の検証過程でいわば、9つの謎が解け、新たな1つの謎が生まれた。しかし、新たな謎はすべて、合理的に説明できることが後日に判明した」(「はじめに」より)。税理士である著者が、英国史と比較しつつ皇室の歴史を明らかにし、統計的手法を駆使して古代史の闇を読み解いていきます。
著者:高橋義雄
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2015年7月30日刊  ・四六判/304ページ  ・定価:2,400円(税別)
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

ジョークで知るモンゴル   オクチャブル・ツェレンジャルガル 訳

 モンゴル_1   モンゴル_2 

モンゴルの人びとはジョークがお好き! それらを集めたら…という会話がきっかけで生まれた一冊です。翻訳はモンゴル国大使館に勤めるオクチャブル・ツェレンジャルガルさん。日本人に伝わりにくい箇所には丁寧な解説が付いています。思わずクスッと笑ってしまうジョークの数々に、モンゴルがグンと身近になります!
訳:オクチャブル・ツェレンジャルガル
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2015年3月30日刊  ・新書判/184ページ  ・定価:800円(税別)
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

ともに前へ、ともに明日へ             服部 宏幸 著

 mitubishi_1 mitubishi_2 

東日本大震災の発生直後に復興支援財団を設立し、さまざまな支援活動を展開してきた三菱商事。被災地の再生に向け、財団と24の事業者が力を合わせて取り組んだ軌跡を綴ります。2014年3月に急逝された安西水丸さんが支援活動の足跡を訪ねた「特別寄稿」も心に迫ります。
著者:服部 宏幸
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2015年3月20日刊  ・四六判/248ページ  ・定価:1,500円(税別)
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

安らかな死を探し求めて ~In Search of Gentle Death~  松尾幸郎 訳 

cover(front) gentle-death_2

世界各国の『尊厳ある死』についての現状をアメリカ人ジャーナリストが詳細にレポートしたノンフィクションの日本語訳です。翻訳したのは、NHKでドキュメンタリードラマ化された『巻子の言霊』(柳原三佳著・講談社)の主人公でもある松尾幸郎氏。交通事故で全身麻痺となった奥様の介護を8年にわたって続ける中で、『尊厳ある死』について真剣に向き合い、この本を2年近く費やして訳しました。誰にでも等しく訪れる『死』の問題について、今は元気でいる人たちにこそ、じっくり読んで考えていただければと思います。
翻訳:松尾 幸郎、編集:柳原 三佳
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・発行:デザインエッグ株式会社
・2014年11月3日刊  ・A5判/738ページ  ・定価:7,992円(税込)
〈ご依頼〉松尾幸郎さま 〈担当内容〉編集・デザイン(DTP)

 

不思議な電話                  松田 武信 著

fusigi_1 fusigi_2 

夜霧に包まれた街角にひょっこりと現れた携帯ショップ。いぶかりながら覗いてみると“最新型の携帯電話”を勧められる。「どなたとお話になりたいかをお決めください」との店員の言葉に半信半疑になる主人公。その携帯電話とは……。鎮魂と再生の祈りを込めた長編小説です。
著者:松田 武信
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2014年8月10日刊  ・四六判/160ページ  ・定価:1,300円(税別)
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

孤往記  愛おしき蒼さのなかで            馬場 駿 著

孤往記_表紙 孤往記_見開き

主人公の名は著者と同じで駿。でも全ては小説世界のこと。舞台は学生紛争があった頃の昭和。9歳で両親に捨てられた駿(19歳)が、家なし親なし金なし学歴なし、あるのは未熟な真っ直ぐさと少しの文才それに向学心だけというなかで、もがきながらも懸命に生きる姿を描きます。心が空っぽのコップのような駿に、何かを注ぎたい人達が次々に寄ってきます。駿が出会う5人の女性は皆人生の師。彼女たちもまた駿のきれいな青春に触れて変化していきます。誰のために独り学ぶのかというテーマも底流にあります。
・著者:馬場 駿
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・発行:デザインエッグ株式会社
・2014年3月刊(POD)  ・定価:2,268円(税込) ・お求めはこちら(Amazon)
〈ご依頼〉著者さま 〈担当内容〉編集・デザイン(DTP)・装丁

 

ガラスの結婚指輪                山口 博孝 著

garasu_1 garasu_2

旧制中学3年生の頃から文学を温(たづ)ねてあらゆる職業を転転としてきた著者の回顧録。戦中・戦後を背負い、バブル時代を生き抜いてきた著者が定年を迎えて見たものは……。
・著者:山口 博孝
・発行:株式会社新潮社 図書編集室
2014年1月30日刊  ・四六判/208ページ  ・定価:1,500円(税別)
〈ご依頼〉株式会社新潮社 図書編集室さま 〈担当内容〉本文デザイン

 

春から始まる猫物語                扇田麻里子 著

‰猫物語(表紙) 

写真とコメントでつづる、2001年春から始まる野良猫さんたちと我が家の猫たちの物語です。
長年温めていて、一部をブログにしたものを本として再編集しました。
・著者:扇田麻里子
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・発行:デザインエッグ株式会社
・2014年1月刊(POD)  ・定価:1,620円(税込)  ・お求めはこちら(Amazonストア)

 

読まれるための文章読本              扇田麻里子 著

•Ž†RiMyISBNj •¶Í“Ç–{iMyISBNj.indd

当工房が制作しました。読みやすく、わかりやすい文章を書くための参考になればと思います。 Amazonのプリントオンデマンド(紙の本)または電子書籍でお読みいただけます。電子書籍はAmazonのKindleストアおよびiBookstoreにて発売中。iPhone、iPad、Android等でご利用できます。
・著者:扇田麻里子
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・2013年3月刊(電子書籍)、2014年1月刊(POD)
・定価:238円(kindle版/税込)、1,134円(POD/税込) ・お求めはこちら(Amazonストア)

 

言葉の積み木                     大野千賀子 著

言葉の積み木 言葉の積み木

『婦人之友』誌とNHK学園に短歌を、同人誌に随筆を寄稿されていた著者さまの作品をまとめた一冊です。前半が短歌、後半が随筆のつくりで、いずれからも著者さまの温かくも鋭い洞察力がうかがえます。装丁の絵柄は京都のクリエーター木村山人さんの手によるものです。当HPの背景にも使わせていただきました。
・著者:大野千賀子
制作:出版工房オフィス・ミュー
・2012年9月15日刊  ・四六判/96ページ  ・書店流通なし
〈ご依頼〉著者さま 〈担当内容〉原稿入力・編集・デザイン(DTP)・装丁デザイン

 

知られざる国 オマーン 激動する中東のオアシス   森元誠二 著

知られざる国 オマーン 知られざる国 オマーン

駐オマーン日本国大使を務められた森元誠二さまが、3年あまりにわたって大使館のホームページに綴った通信を一冊にまとめた作品です。ご自身で撮影された美しい写真の数々と、ていねいな文章からオマーンという国がぐっと身近になります。 完成間近の頃には著者さまと連日深いやり取りが続きました。
 ・著者:森元誠二
・発行:株式会社アーバン・コネクションズ
・2012年7月30日刊  ・B5判/192ページ  
 ・定価:1,500円(税別)
〈ご依頼〉株式会社アーバン・コネクションズさま 〈担当内容〉編集・デザイン(DTP)・装丁デザイン

 

瑠璃色の海                   岡本 隆 著

瑠璃色の海 瑠璃色の海

長年にわたって小説を書き続けていらっしゃる著者さまが、同人誌に寄稿した小説の中から5本を選りすぐり、一冊にまとめました。卓越した文章に、読後じわっと感慨が残ります。題字と表紙・本文中の挿画はお孫さんが手がけました。おふたりをはじめ、資料探しなどを手伝ったご家族みなさんによる素晴らしい合作となりました。
・著者:岡本 隆
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・2012年7月30日刊  ・四六判/160ページ  ・書店流通なし
〈ご依頼〉著者さま 〈担当内容〉編集・デザイン(DTP)・装丁デザイン・校正

 

草取りの人生                  杉原信一 著

草取りの人生 草取りの人生

著者さまは、IT時代の黎明期にアメリカと日本を行き来し、コンピューター業界の大いなる担い手となったおひとり。PC業界の某巨人との攻防には思わず引き込まれます。右上の写真はアメリカに渡ったばかりの頃の著者さま。この本を作るのがきっかけとなって、納戸の奥から思いがけなく見つかった貴重な一枚です。
・著者:杉原信一
・制作:出版工房オフィス・ミュー
・2011年11月16日刊  ・四六判/96ページ  ・書店流通なし

〈ご依頼〉著者さま 〈担当内容〉編集・デザイン(DTP)・装丁デザイン・校正

 

我が豪快なる風天人生               岡崎末男 著

我が豪快なる風天人生 我が豪快なる風天人生

新聞販売業界歴51年、「親父」「大将」と呼ばれた著者さまの、文字通り豪快で破天荒(?)な半生の記録です。骨子となる原稿を元に、数回にわたってお会いし、お話を伺いながら原稿をまとめました。著者さまの販売網には驚くべきものがあり、書店流通させないにもかかわらず、あっという間に数千部が読者の手に渡りました。
・著者:岡崎末男
・発行:神谷書房
・2010年8月15日刊  ・四六判/96ページ  ・定価:1,200円(税込)
〈ご依頼〉神谷書房さま 〈担当内容〉原稿執筆(聞き書き)・編集・デザイン(DTP)

 

わが風変わりな人生               小川 学 著

fuugawari_1 fuugawari_2

トルストイの『わが懺悔』を読み始めたとき不思議な興奮がわき起こったという著者さまの、神秘的かつ深遠な半生の記録です。ほぼ完璧な原稿をいただき、読み進めながら、その内容にどんどん引き込まれていきました。装丁は専門家の手によるものです。
・著者:小川 学
・発行:(株)講談社出版サービスセンター(現・講談社ビジネスパートナーズ)
・2010年2月15日刊  ・四六判/196ページ  ・定価:1,300円(税別)
〈ご依頼〉講談社出版サービスセンターさま 〈担当内容〉編集・デザイン(DTP)

 

A Cup of Green Tea                       二見貞夫 著

A Cup of Green Tea A Cup of Green Tes 見開き

旅行会社を引退後、Peace Boat で海外を廻られた著者さまが、日本茶のすばらしさを海外の多くの人に知ってもらいたいと英語で綴った一冊です。英文を手がけるのは初めてでしたが、著者さまはじめ丸善の編集担当者さま、英語の専門家の方の厚意によりまとめることができました。
・著者:二見貞夫
・発行:丸善株式会社
・2008年12月刊  ・B5判/170ページ  ・定価:1,700円(税別)
〈ご依頼〉丸善株式会社さま 〈担当内容〉編集・校正

 

随想録                      松尾泰伸 著

随想録 随想録

すべてのコラムが455文字ぴったり、B5判・全600ページ以上の壮大な随想録です。膨大な読書量に基づく書評や、化学・文学・医学などにまつわる逸話が、独特の視点から、ときにはユーモアや皮肉を交えて綴られています。著者さまは医学博士、クリニックの院長をされています。いったい、いつお休みになっているのだろうと思ってしまうほどの博識に感服です。
・著者:松尾泰伸
・発行:文藝春秋企画出版部
・2008年10月19日刊  ・B5判/624ページ  ・書店流通なし
〈ご依頼〉文藝春秋企画出版部さま 〈担当内容〉編集・校正


ご希望、ご質問等をお気軽にお問い合わせください。 TEL 0558-23-8171

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 出版工房オフィス・ミュー All Rights Reserved.
Powered by WordPress